『salad bowlでrhythmな日』〜ジャンボ市橋ぶろぐ

ジャンボ市橋の日記。健康のこと、心のこと、旅のこと。ゆるくマイペースで。好きなことば: 「宇宙から見ればどうでもいい」「人生は、もっと曖昧で雄大で寛容なもの。」

41 きょうだい

「ちょっと旅してこようと思うさ」 なんだか変な言いまわしで姉に旅に出ることを伝えた。 「アホだ〜、アホだ〜」と笑いながら言われる(笑) 僕がアホだと言われることが案外好きなことを姉は知ってるのだろうか。 いや、単純にアホだと思っただけだろう(…

40 区切りっていいな

旅に出るときめて、 北海道を離れるときめて、 人の温かさを感じる。 自分のまわりにはたくさんの人がいて、 その人たちの “優しい気持ち” を感じた。 「日本人って本当にやさしさがない!」なんて実は思っていた(笑) でも…ちゃんと持ってた(笑) 旅をし…

39 繊細は今宵もスペシャル

僕は繊細だ。 かなり。 見かねた上司から「おまえこれ読んでみろ」と『鈍感力』の本を渡されるほど(笑) いまの日本はきっと「鈍感力」が必須なのかもしれない。 繊細な人間には生きづらい。 だから「鈍感」「気にしない」「図太さ」というテーマの本を色々…

38 嫌なことは嫌だと言う

僕はこういうのは嫌だよ。 ちゃんと表現しよう。 嫌だと思ったことは嫌だ、と。 相手の人の態度がおかしい。 自分の思い通りにいかなくなると、手のひらを返したようにイラついた表情と投げ捨てるような言葉。 そんな出来事があった。 僕は呆然。愕然。…そし…

37 salad bowl

サラダボウル、 今日はこんなことを知った。 色んな人種があつまるアメリカは「人種のるつぼ」と言われていたそう。 最近は…「サラダボウル」と呼ばれるそう。 理由は、「るつぼ」という表現は、それぞれが混ぜ合わせさって違いものになるイメージがあるが、…

36 「それぞれ」があるんだ。

人って、それぞれなんだなぁ。 そんなことを今更ながらに思うこの頃。 わかっているようで、 わかってなかった。 これまでの30年間、「自分がこの人生の中心」と当たり前のように思ってきて、当たり前のように過ごしてきた。 最近、なんとな〜く頭に浮かんだ…

35 気がつけば

朝晩の風は冷たくなり、 日も短くなりました。 秋。 一番好きな季節です。 余韻がただよい、華やかなのに、 どこか淋しいような、せつないような。 でもなぜか昔から秋が好き。 秋を感じて、味わおう。

34 ウォルトさんのことば

先日、とってもいい言葉をある人が教えてくれました。 「成功に必要なことは、子ども心と好奇心」 ー ウォルト・ディズニー ー ウォルトくん、いいこと言うじゃん(笑)

33 ドラえもんに込めたメッセージ

「夢や冒険に憧れ続ける心を持ってほしい」 ー 藤子・F・不二雄 ー “憧れ続ける” というところがとっても好きです(^ ^) いつまでも夢ばっかりみるな!じゃなくて、 とことん夢をみて、とことん冒険していこう。 そんな人生… 素敵じゃないか。

32 バカになった向こうがわ

じぶんをものすごく成長させるには、 「バカになること」が必要だろう。 ドキドキもする。 オドオドもする。 オロオロもする。 足はぶるぶる震えて、 声はのどがキューっと締めつけられるようで、 上ずったり、相手にとどかないほどの小さな声しかでなかった…

31 僕と世界の方程式を観た。

僕と世界の方程式 天才的な数学の才能がある、自閉スペクトラ症 (アスペルガー症候群、自閉症)の主人公の物語。 触られるのがイヤ… じぶんの気持ちを伝えることが極度にニガテ… ゆずれないこだわりがある… そんな主人公のもどかしさや葛藤、イラ立ち、恐怖……

30 敏感な人、敏感な子。

HSP・HSCと聞いてピンときますか? 最近、テレビや本で特集されている「敏感さ」のことです。 HSP→ハイリー・センシティブ・パーソン HSC→ハイリー・センシティブ・チャイルド の略語で、「敏感すぎる人・子」ということ。 このHSP・HSCは障害ではありません…

29 のびのび声出し…に参加

昨夜は「のびのび声出し」という、 発声についてみんなで勉強しましょう‼︎ というイベントに呼んでいただきました。 主催の方が僕のレッスンに以前から参加してくれていて、いつも応援してくれてます(^_^) 感謝。 発声に興味のある方やヨガの生徒さんが多く…

28 みつめなおして

ここ2〜3年、とくに今年すごく感じること、 日本人のコミュニケーションがすごくドライになっているということ。 世界でどうなってるかは今のぼくにはわからない。 けれど、少なくとも日本ではすごく「冷たさ」を感じる。 ほとんどの人がそれに気づいている…

27 ツノだせ ヤリだせ アタマだせ。

バランスをとろうとしていないか。 バランスよくしよう!なんて、 じぶんの良さを殺してまですることだろうか。 尖ったままでいいじゃないか。 そういう人間のほうが人間らしくて好きだ。

26 ちがった考え方で生きてみたい

人生を「好き」「ラク」「楽しい」で埋め尽くしたい。 今までとちがった考え方で生きてみたいんだ。 新鮮な “景色” がみれるかもしれないから。 冒険しよう。 ありったけの楽観さをもって。

25 ラクが一番。

今日のレッスンでは「ラクで身体の負担も少なくて、しかも速い歩き方」をお伝え^ ^ きっと今ごろスイスイ〜と大学生とかを 軽やかに抜き去っているだろう( ͡° ͜ʖ ͡°) ぼくはとにかく常に “ラク”することしか考えてない男だ(笑)

24 りっぱなんかじゃなくていい。

しごと。 どんな仕事がいいしごと? 給料が高い仕事がいいしごと? まわりからスゲーっていわれる仕事がいいしごと? それとも安定してる仕事がいいしごと? 価値観は人それぞれだ。 けれど僕にとっては… 人が元気になる仕事はいいしごと。 人を嬉しい気持ち…

23 ご夫婦でレッスンへ

ぼくの「あへあほ体操」のレッスンには、 ご夫婦でいらっしゃる方が何組かいます。 そのうちの1組は、ご主人が体験参加をして、 「うちのやつがパーキンソン病なんだけど… 先生、できるかな?」 と相談されました。 あへあほ体操にはさまざまな病気を持って…

22 甘えたっていいじゃん。

結婚式があったり、 学生時代の友人との再会があったりして、 あのころ一緒に泥だらけになったり、 バカやったりした仲間もそれぞれの道を歩んでるんだなぁ、と実感するここ最近。 誰かしらの口から決まってでる言葉は 「みんな頑張ってるんだなぁ」。 それ…

21 再会。

きのうは久しぶりの再会があった。 専門学校の同級生。 一緒に濃い2年間を過ごした仲間。 14人しかいない定員割れのクラスメイト。 少ないからこそなのか、なんだか特別な仲間。 前に3〜4年ぐらい前だっただろうか。 同じ専門学校の友人が結婚するので、 そ…

20 花男

僕の大好きな歌 大好きな詞 大好きな音 なかでも好きな2つ。 「糸電話」のうたい出し ♩ あの人のかなしみを風船に 変えれる魔法があればいいのに 空高く高く飛ばすんだ ずっとずっと見えなくなるまで 「page」の1フレーズ ♩ どこだってこっからだ いつだって…

19 歩いてきたみちが“顔”になる

「シワができた〜やだ〜‼︎」 皺、シワ、しわ。 シワはとにかく悪者にされがちだ。 けれどもこんなシワはどうだろう? 「笑いジワ」。 とってもすてきじゃないか。 笑いジワは沢山笑ってきた証。 それは老けたということじゃなく、 ステキな毎日を歩んできた…

18 めでたし

つい先日、中学から一緒だった友人がめでたく結婚した。 その友人は中学から僕のことを気にかけてくれていて、よく一緒にいて、お笑いの話をしたり、マニアックな野球の話をしていた。 彼はオバンドーや城島のマネを。 高校ではオルティスのマネしてて監督に…

17 好きになりやすい?なりにくい?

僕はなりやすい方です(笑) 僕の親友はなりにくい方です(笑) 人間ってここまで違うかぁーというほど違いますよね。不思議なものです。 どっちがいいとかわるいとかじゃなくて、 どっちもよし。どっちもグーです。 「こないだフラれたばっかりなのに、もう…

16 れもん

前に実家でネコを飼っていました。 僕が小2ぐらいのころにダンボールに入って捨てられていたネコです。 ぜんぶで3匹いたのですが、運良くもらい手が見つかり最後にのこった1匹を飼うことになりました。 家族も動物が好きですが、やはり「命」あるものですか…

15 肉眼で世界を見たいだけ。

僕は来年旅に出るときめた。 思いつきできめた。 いままで旅という旅をしたことがなかった僕が、 ふと「世界をたびする俺」を妄想したとき、 ハートがばっくんばっくん、ドッキドキドッキドキ激しく動きだした。 驚いた。かなり。 そして、「これは行くしか…

14 ぜんぶ出しちゃえ

「もっと自分を解放していいんだよ」 これが僕があへあほ見習いのときに創始者しものまさひろに言われていたコトバです。 人前で自分をさらけ出すことができなかった僕にとってはこの“解放”がチョナンカン…いや、超難関‼︎ つねにモジモジしてました(笑) ど…

13 拝啓、アホしてますか。

最近、アホしてますか? マジメに必死になりすぎてないですか? 眉間にシワがよってることが多くありませんか? 僕、なかなかにアホです。 先日なぜか気分がよくなって、 家を出るときに「ヒュ〜イゴーー♩」とマリオのように勢いよく飛び出しました。声に出…

12 受けて、投げ返すこと。つづき

子どもとの会話。 会話のキャッチボール。 受けるときは全力でキャッチする。 子どもは一生懸命伝えようとしてるんだ。 知ってるコトバが少ないながらも、懸命に。 投げるとき。 僕はキャッチボールの基本、 「相手の胸にむかって、取りやすいボールを投げる…