『salad bowlでrhythmな日』〜ジャンボ市橋ぶろぐ

ジャンボ市橋の日記。健康のこと、心のこと、旅のこと。ゆるくマイペースで。好きなことば: 「宇宙から見ればどうでもいい」「人生は、もっと曖昧で雄大で寛容なもの。」

37 salad bowl

 

サラダボウル、

 

今日はこんなことを知った。

 

f:id:youte:20170922134207j:image

 

 

色んな人種があつまるアメリカは「人種のるつぼ」と言われていたそう。

 

 

最近は…「サラダボウル」と呼ばれるそう。

 

 

 

 

理由は、「るつぼ」という表現は、それぞれが混ぜ合わせさって違いものになるイメージがあるが、

 

 

「サラダボウル」というのは、個々の野菜がそのまま変わらずに存在しながら、全体として一つのコミュニティを形成していることから…らしい。

 

 

 

〝変わらずにそのままで〟ってところがすごく好きだ。

 

 

 

自分を変えよう!変わろう!って一生懸命になるけれど、

 

その突っ走る道のりの中で、「そのままの自分の良さ」に気づいていってるように思う。

 

 

 

 

だからといって何もしないことがいいのでなく、

 

「変えよう!変わろう!」とするのがわるいのでなく、

 

 

 

自分らしく、無理しすぎず、

 

 

一歩一歩進んでいけばいいんだと思う。

 

 

一歩ずつ成長していけばいいんだと思う。

 

 

 

 

そしたら「あ、自分ってこんなトコいいんじゃん」ってなるんじゃないか。

 

 

 

「そのままの自分でいいんだ!良いトコけっこうあるじゃん!笑」

 

 

そしたら、その時はもう、「そのままのあの人」も尊重できているのかもしれない(^ ^)

 

 

 

 

salad bowl

 

 

個々の野菜がそのまま変わらず。

 

 

それでいいじゃん(^_^)